内発的動機・外発的動機

初めて内発的動機・外発的動機について知ったのは大学院に通っていたときのことでした。教育に関する授業で、学生が学校に行く動機は、この二つに分けているとのこと。

 文字通り、「内発的動機」は、自ら学ぼうとすること(例えばある分野にすごく興味を持っていて、自分からすすんで学ぶこと);「外発的動機」は、自分からではなく、無理やりに、「しょうがなく」学ぶこと(例えば親の要求で、就職に必要でどうしても学ばなきゃいけない)。もちろん外発的に強いられてするよりは、目標をもって内発的にすることの方がもっと楽しく、覚えもよりいいでしょう。

 しかし、これらは必ずしも変わらないことではない。外発的に始めたつもりでも、段々と興味をもち、最終的には内発的に勉強を行うようになることもあります。それとは反対に、(少々残念なことかもしれませんけど)内発的に始めたといっても、結局は外発的になってしまい、本来の熱情を失ってしまうことだってあります。

 私はどうしても習い事とかしたくはないのは、その原因であります。

 好きで、自由に楽しんでいた事だったのに、習い事にしてしまい、宿題を出され、その上指導者によってあれこれコメントされたり、たまに怒られたり......たまったもんではありません。専門として深く掘り続ける場合は別ですが、単に趣味として持つものは、やはり自由に個人開発していくのが一番だと思います。